H13.4.20 更新

 

銀河系内ですが、2万4千光年程のところにある夏の始まりを告げる天体、球状星団M13です。太陽クラスの恒星が3万個位集っているそうで、もしその中に地球があったら、24時間昼間、太陽がいっぱい!になると思います。

こちらは2,100万光年彼方の銀河系外宇宙、M51です。太陽クラスの恒星が数千億個あるそうで、中心部はブラックホールだとか…。大小2つの銀河が衝突しつつあるところで、その形から、子持ち銀河と呼ばれています。

 

 何れの天体も望遠鏡で見ていると、宇宙船に乗っているような気分が味わえます。