H14. 3. 7 更新

 先月ご宿泊頂いたお客様が、当館の天文台で、ご自身のコンパクトデジカメによって撮影された、月の写真です。

十三夜間近の月は肉眼でも大変美しく、先日メールでお送り頂いた写真もすばらしいものでしたので、掲載させて頂きました。

 島田様、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

最新情報…H12.8.1 金谷旅館天文台 その2

       H12.8.1の土星            H9.8.13の土星


 今年の土星の初観測です。3年前と比べると、輪がかなり立っています。

 下の写真は続いて出て来た木星です。今はまだ午前2時過ぎにしか見れませんが、一日に約4分ずつ早く出てくるようになりますから、10月になれば10時過ぎには見れるようになると思います。この二枚の写真は人が望遠鏡をのぞく所にカメラを置いてシャッターを切るという簡単な方法で撮りました。ピントとシャッタースピードが固定できるデジカメならおそらくどの機種でも可能かと思いますので、試してみたい方はお電話下さい。実はこの撮り方はNOKKOさんがいらした時に「ここにカメラを置いて写真が取れませんか?」と聞かれたことをきっかけに知ったもので、コリメート法と言われています。後日彼女から「お蔭様で星に関する曲がひとつできました」という電話がありました。昨年11月にリリースされた「昼の月」の心の描写に、天文台での体験を活かして頂けたようです。


最新情報…H12.7.17 金谷旅館天文台より

 

 

 

平成12年7月16日午後10時50分、皆既月食の写真です。普通の満月(右又は下)は高貴な感じさえするのに、月食の満月はなにやら怪しげです。

夏は天の川とその中に点在する散光星雲が見どころです。今年(2000年)については、天王星や海王星も見えています。御宿泊の方は、無料でご案内しています。