千人風呂、万葉の湯、露天風呂、家族風呂

 

       千人風呂

伊豆一の木造大浴場「千人風呂」

 

千人風呂は大正四年、「伊豆の名物となるようなお風呂を」という思いから生まれました。長さ約十五m、幅約五mの巨大な浴槽は、木造の大浴場としては現在でも国内屈指の規模です。プールが無かった時代ということもあるのでしょう、中央の丸太より奥は、深さが一m以上あり、泳ぐこともできます。裸で泳ぐことの気持ち良さ!是非一度体験してみて下さい。尚、他のお客様の迷惑にならない範囲でお願いします。かねてより混浴の千人風呂ですが、婦人専用大浴場ができた今日でも、婦人脱衣室から随時女性も入れるようになっています。水着は御遠慮頂いておりますが、バスタオルは構いませんので、どうぞご利用下さい。

      万葉の湯

木造の女湯ということなら日本一「万葉の湯」

 

 平成三年十月、女湯の名湯を作りたい一心で、このお風呂を完成させました。「万葉の湯」という名前は、時代が変ってもいつまでも愛される温泉という願いを込めて付けたものです。古い建築様式の建物の中、湯温の異なる四つの浴槽の、お好みの湯加減のところにじっくりつかれば、時の流れもゆっくりと感じて頂けることでしょう。幅約五mは千人風呂と同じ、長さは約十一mで七割位ですが、千人風呂同様泳げる広さと深さがあります。

        露天風呂

打たせ湯、泡風呂付きの露天風呂も男女別

 

 海辺とか、山の上とかとは違いますので、必ずしも立地条件には恵まれていませんが、南国の陽射しを受けながら湯に浸かったり、星空を見上げながら寝そべったりできるのは、やはり露天風呂ならではです。打たせ湯で肩のこりをほぐしたり、気泡浴で全身のマッサージをしたりするのも心地良いものです。お試しください。

   一銭湯

明治末、一銭で入れた銭湯「(いっ)銭湯(せんゆ)

 

 明治の末頃建てられ、現存する当館で最も古いお風呂です。戦後いつのまにか使われなくなっていた建物を、昭和六十二年、屋根だけは当時のまま残して復元したものです。現在は主に家族風呂として御利用頂いておりますが、一度に六人程入れる広さがあります。