客室

 

  本館中央階段           松の間

 玄関に入って中央の欅の階段を上ると、昭和四年に建てられた本館二階の一室「松の間」があります。天城産の杉の巨木から製材された四方柾目の柱や障子の腰板、秋田産神代杉(地中に埋まって少々炭化した杉の巨木)による天井板は、格調高く、味わい深いものがあります。また、「これからは外国人が多くなる」との考えから、当時通常より四寸程高い障子であったり、一尺も高い天井など、時代の一歩先を見ていた面も伺えます。

        五月の間                                                       


 こちらは昭和三十一年、下田随一と言われる名大工によって増築された四つの客室のうちのひとつ「五月の間」です。文字通り、四月から五月につつじやさつきが咲き乱れる広い中庭に面した陽当りの良い客室です。丹精込めた大工の技が随所に光っています。

 

   別館洋室

 鉄筋二階建ての別館にある洋室三部屋のうちのひとつです。現在のところ、木造の本館とは地続きでありながら建物はつながっておらず、三十m程外を散歩しながら大浴場やお食事にいらして頂くという若干の御面倒をおかけしておりますが、混雑する日も割合静かな点や、バストイレ付きで、お風呂もシャワーも温泉、など設備が整っていることから、好んで御宿泊になるお客様もいらっしゃいます。